枚方公園駅から徒歩30秒。施術実績13年のひらかた公園整骨院。

ひらかた公園整骨院


枚方で膝の痛み改善なら【実績NO1】のひらかた公園整骨院へ

膝の痛みについて

改善率98.4%!膝の痛み改善に強い当院のヒミツをご紹介 


膝の痛みといえば、加齢による変性膝関節症が多く、当院でも枚方市を中心にたくさんのお客様がご相談に来られます。

膝の痛みの原因は様々あり、軟骨がすり減っていたり、軟骨が当たっていることで痛みが伴うなど、中には関節が変形されている方もおられます。

そして、当院では特に膝の内側が痛い、膝の裏が腫れているとお悩みの方が良くご相談に来られます。

人間の体は膝の痛みをカバーするために、体のバランスが崩れて腰痛や肩の痛みなどに繋がるケースも多いです。

体の痛みを緩和するには、お客様1人1人によって症状も原因も異なりますので、しっかりと痛みの原因にアプローチすることが大切です。

当院は「変形性関節症」の施術が得意で、ほとんどの方が初回で効果を実感されております。あなたも一人で悩まずにまずは当院へご相談下さい!

 

こんな症状でお悩みはありませんか? 

  • 軟骨がすり減っており、痛みを緩和するためにヒアルロン酸を打ち続けている。
  • 階段や坂道を歩くと膝が痛む。
  • 常に膝に違和感があり、たまにジンジンと痛みがある。
  • 立ち上がる時や歩き始めに違和感があり、長時間歩くと膝が痛む。正座や階段の昇り降りがつらい。
  • 病院で注射を打って、痛み止めを飲んでも一向に良くならない、、。
  • 医者には年齢のせいだとしか言われない、、、。
  • 膝に水がたまるので整形外科で定期的に水を抜きに行っている、、。
  • レントゲンを撮っても異常が見つからず、どうして良いのかわからない、、。
  • 水中ウォーキングを進められ行っているが良くなる気配がない、、。


一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

膝の痛みを引き起こす原因について

膝の痛みを引き起こす原因は以下のようなものがあります。

 

変形性膝関節症の疑い

変形性膝関節症.jpg


長時間歩くと膝が痛んだり、正座や階段の昇り降りがつらいのは【変形性膝関節症の疑いがあります。進行すると歩行も困難になります。    

軟骨がすり減ることによっておこる炎症が原因と考えられます。

冒頭にもお伝えしましたが、膝の内側が痛い、膝の裏が腫れているという方はこのケースがとても多く、ほとんどの場合は【変形性膝関節症】、膝の関節が変形しているものが原因です。

また、変形性関節症の疑いがある場合は、早期の施術が必要になります。※下の画像は東京ベイ医療センター様より引用
web112403.png

何故なら、軟骨が当たってどんどんすり減っていき、変形したり炎症を起こしたりするからです。また、時間の経過とともに膝窩筋(しつかきん)という筋肉が拘縮(こうしゅく)し、どんどん悪化もします。

長年の経験上、特に注意して頂きたい症状の一つです。

 

スポーツやケガなどが原因

オスグッド.jpg

「ジャンパー膝」「オスグッド」と呼ばれ、成長期の子供がなるケースがほとんどで、ダッシュをしたり跳ねたりすることで、膝を急激に伸ばす動作が加わり、疲労から痛みが出ます。

オスグッドに関しては、骨端症と呼ばれ、骨が剥がれてひどくなると手術が必要なケースもありますので特に注意が必要です。

「成長期だから仕方がない、、、」ではなくて、しっかりと原因を突き止め、アプローチすることが大切です。

当院では「オスグッドは治せて当然!!」だと考えておりますので、ひどくなる前に一度ご相談下さい。

 

自宅で出来る膝の痛みの解消法

膝が痛いとどうしても、運動不足になりがちです。

食事量が同じだと肥満になる恐れがありますが、体重が増えた分だけ膝に負担がかかってしまいます。

悪循環を防ぐためにも、スキマ時間を上手に使って、軽い運動をおこないましょう。
 
・太ももの筋肉を伸ばす
膝関節には多くの腱が存在していますが、太ももの筋肉を伸ばすことは炎症の予防と改善に効果があります。
立ったままイスの背もたれなどを片手で持ち、もう一方の手で足の甲を持ってお尻にそって引き上げます
左右各10回1日3セットを目安におこないます。
 
・すねの筋肉をつける
膝をかばう生活を続けていると、すねの筋肉も衰え、ちょっとした段差にもつまずきやすくなります。
この運動も立ったままイスの背もたれなどを片手で持っておこないます。
両方の足のつま先だけで立ち、しばらくキープしてストンとかかとを床に落とします。
左右各10回1日3セットを目安とします。
 
・前ももの筋肉をつける
膝に力が入らないとつまずきやすくなりますが、無理のない範囲でお相撲さんが「しこ」を踏むように、両足を大きく広げて腰を落とします。
普段使われることが少ない内ももを鍛えることで、内ももに筋肉がつき、膝がガクガクしたり、少しの段差でつまずくことがなくなります。
しかし、このポーズは下半身にかなりの負荷がかかるので、膝がひどく痛むときにはおすすめできません。
それほど痛まない時は、テーブルなどを両手で持って、スクワットをおこなうようにゆっくり腰を落とすだけでも、下半身に筋肉がつきます。

 

ご安心下さい!当院が膝の痛みからあなたを救います!

膝の治療.jpg

そもそも、膝痛は注射や飲み薬などの対処療法のみの治療だと、根本的には解決できません。当院ではそのような治療ばかりをしており、長年、膝痛で悩まされている方を見てきました。

当院の施術では、痛みの根本的な施術を行い、

正常な膝の回旋運動(スクリューホームムーブメント)を補正し、正しい歩行に導き根本的に改善します。結果、ほとんどの方が初回で効果を実感されております。

また、膝関節の痛みは膝の不都合だけでなく、骨盤や股関節、足首までの下半身の骨格のゆがみまで疑います。

膝が傷む原因は膝以外にあるケースもあるので、焦らずに長期的に施術を続けることも大事です。

生活習慣の見直し方や家庭での簡単な運動方法などもアドバイスいたします。

そして、長年の経験上言えますが、

「膝の痛みは治せます」

院長である私が最も得意とする施術の一つであり、しっかりと状態を確認し、痛みの早期緩和を目指した施術をいたします。

一人で悩まずにまずはご相談ください。

「もう膝痛が治らないと諦めなくて大丈夫です。」

初回おためし キャンペーン実施中

072-380-1562

LINEからのご予約は24時間受付中!

 

ひらかた公園整骨院のご案内

住      所:
〒573-0036
大阪府枚方市伊加賀北町5-14 1F
アクセス:
京阪枚方公園駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
072-380-1562
営業時間:
【月・火・水・金】
午前 9:00〜12:00
午後 15:00〜20:00
【木】
午前 9:00〜13:30
【土】
午前 9:00〜13:30
 
※木曜日・土曜日の午後は完全予約制です
休業日:
日曜日、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ